EUROHS指令と中国ROHS弁法の違いを比較

規制対象が異なる

中国の規制対象は電子情報製品のみですが、EUのROHS指令では交流1,000V、直流1,500V以下の電気・電子製品全般が対象となっています。

最大の相違は、含有制限でなく表示義務

EUのROHS指令では、規制の仕方として含有制限をする事に力を入れています。一方、中国のROHS指令では含有していない事を表する義務が優先されています。

改正されることがあるので随時内容をチェック!

ROHS指令は、基本的に4年に一度見直しが行われます。実際に、当初の施行後1度見直しが行われていて、2019年7月からはフタル酸エステル類の4物質も有害物質として指定されます。

ROHS指令に関する疑問にお答えします!【Q&A形式】

ROHS指令はどの地域に適用されるのですか?

基本的には、EU諸国でのみの適用となります。しかし、ヨーロッパ市場は大きいため事実上世界標準になったのと変わらないインパクトとなります。

適用されるのは新製品のみですか?

今後、EUに輸出する全ての製品が対象となりますので、新製品・従来製品に関わらずROHS指令に適合させる必要があります。よって、従来製品についても対策が必要です。

ROHS指令で指定されている危険物質の有無はフタル酸分析で判明

男性

ROHS指令とは?

ROHS指令とは、欧州連合による指令で、電気・電子機器において特定有害物質の使用制限が定められたものです。2003年の2月13日にこの内容は決定され、2006年7月1日より施行が始まっています。現在は、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニル・ポリ臭化ジフェニルエーテルが特定有害物質として指定されています。

ROHS指令に違反するとどうなる?

ROHS指令に違反した場合は、国によって金額が異なりますが、多額の罰則金が課せられます。また、該当製品の出荷停止命令や、回収命令が出されます。なお、違反した製品の写真や型式などが公開されますので、違反をした場合はその企業のイメージが下がってしまうことが多いです。

こちらもおすすめ!注目の記事一覧

顕微鏡

2019年からROHS指令の規制物質が増える!フタル酸分析が必要

ROHS指令では、現在合計10物質が制限物質として指定されています。ROHS分析機関では定性分析と定量分析が行え、これらの機関では特定の認定を取得している必要があります。

READ MORE
研究

フタル酸の危険性を把握してROHS指令の規定を守る

ROHS指令で規制対象となっているフタル酸とはどんな化学物質なのか、どのような危険性があるのかについて説明しました。またフタル酸の分析方法やかかる費用、Q&Aについても述べています。

READ MORE
ウーマン

フタル酸分析は余裕を持って依頼する!ROHS指令は厳守

近年は、フタル酸エステルの解析装置も開発が進み解析も短期間で行えるようになってきました。得られた分析結果は十分に確認し、取引先から提出を求められてもすぐに提示できるように管理する必要があります。

READ MORE
顕微鏡

依頼によって異なるフタル酸の検査方法~ROHS指令に則った分析方法~ 

ROHS指令に指定されるフタル酸エステルの解析にはスクリーニング法と精密定量法があります。また、精密測定方法で含有量を調べる時には色々な検査手法があります。

READ MORE
広告募集中